2017年1月29日日曜日

『ゆとり』

図書の紹介です。
「力を引き出す~ゆとり世代の伸ばし方~」青学大・原普監督著。

2002年度学習指導要領で育った、いわゆる「ゆとり世代 (1987年4月生まれ以降) 」。ナンバーワンよりオンリーワンという、個が尊重され、男女隔たりなく教育を受けてきた世代が、どんどん社会人になっていく現代に於いて、原監督流の人を育てる技術が記載されている。

学生時代、ずっと体育会系で育った私達のスポーツ常識。使えない奴は、レギュラーになれないし、メダルや賞状にも無縁という、叱咤激励の世界が普通だ。しかし、現代社会上ではハラスメントや離職率に繋がりかねない。叩かれるのが関の山だ。

スポーツの中でも、長距離走は過酷だ。そんな中、ゆとり世代の学生を率いて、昔の風習を払拭し、新たな歴史を作る青学大と原普監督。
″頑張っていればいい″と、そう勘違いして思い込んでいる若い世代の力を引き出す為のノウハウ。

中野下高井駅伝チームの選手だけでなく、会社の管理職の方々にもオススメであり、非体育会系の方々にも取っ付き易い内容だ。

是非ご一読を!

2 件のコメント:

GUCCI さんのコメント...

GUCCI。

匿名 さんのコメント...

凄い解説文、説得力がある。ヤッパリ Gucciか。理解は出来るが実行が難しいのが私の世代、こんな事を言っているようでは既に失格なのだ。    総監督