2016年11月26日土曜日

『1区レポート』

[結果]
36分24秒 区間8位

[総括]
 大会2日前に胃腸炎を発症し、発熱、嘔吐、下痢等の症状があり、試合前に大幅な体力消耗を招いてしまった。
 欠場か否か迷ったが、熱が引いた為、自身のエゴで強行出場。チームの為を思った勇気ある決意と御理解頂きたい。
 チームのエース、2日間走者として決死の覚悟、背水の陣で臨んだ。ブレーキは御法度。勝負意識というより、とにかくより良い位置取りで無事に襷を繋ぐことだけを考えていた。
 8位スタートは不本意。7km過ぎで、3~7位集団に置いていかれた。エネルギー不足でパタッと脚が止まってしまったせいである。直前からの不調が悔やまれる。
 やっとの思いで中継所に辿り着き、元気に走り出して行った高校の後輩である青木祥平君を眺めて、安堵の嘔吐をしていた。
 自分にとっては、地獄絵図のような65回記念大会の幕開けであったが、どんなに見積もっても、他の選手に任せるより、不調の自分が走った方が断然速く安定している計算だったのだ。
 ふっきれて結果オーライだったので、笑い話で善し。逆に毒素とプレッシャーを排出し、2日目17区の快走へ繋がる。

To be continue...


     GUCCI

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

体調最悪のこと 全く知らず もし知っていたら寿命が3年縮まった。ゴールの飯田合庁でGucciから聞かされて「ゾー」としました。それでもあの成績、只者ではない、大学時代から共に歩んだ私の目は正しかった。 続きが楽しみ!   総監督

湯本 さんのコメント...

1区は航平しかいなかった。よく耐えてくれました。あっぱれです。

キャプテン さんのコメント...

2日間、ありがとう!いい走りでした!これからも共に走ろう!