2016年11月27日日曜日

18区レポート

8区 区間10位

私を含めて9チームが同時スタート。牽制しあいながらのレースのためペースはゆったりとしていました。
スタート直後の感じは調子がとても良く、前半から飛ばして行きたい気持ちになりましたが、勝負に徹することを念頭にラスト3キロまでは集団で走り、ラスト勝負で競り勝つことを計画していました。
4キロを過ぎたあたりで集団がバラバラになり、入賞争いをしている須坂チームを引き離したことが分かりました。中間点を過ぎると集団の先頭がペースアップして、3人で並走していた内の松本市を振り払うことができました。しかしラスト3キロの地点で余力がほとんど残っておらず並走していた大町の選手に離されないようにするのが精一杯でした。
そんな一番辛い場面で総監督の激が入り、強制的にペースが上がりました。その後もチームメイトの声援のおかげで最後までペースを落とさず走りきることが出来ました。

今シーズンは正選手として走ることを目標としていたので、目標は達成することができました。ただ、上田古戦場やトラックレースを走る度に自分の実力では縦断駅伝には通用しないと痛感させられました。
来シーズンはトラックレースに積極的に参加して、自己満足で終わらない練習をしたいと思います。

ハギ

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

まだまだこれからだよ、区間 6位 最低ラインだね。 野沢温泉までタクシーで帰るその度胸が大事です。  総監督

湯本 さんのコメント...

トラックレースも良いが、萩はロード10キロの経験を積もう。元からスピードあるので持久力を!

キャプテン さんのコメント...

後半、どうしても落ちてきちゃうからそこが課題だよね。
一緒に頑張ろう!