2016年7月24日日曜日

『チーム力向上改善企画案』

中野下高井チーム史上初の県縦6位入賞に向け、個々のレベルアップと目標設定、チーム力の底上げと練習内容改善が急務です。

①全員、出場したレースは、ブログにレポートをアップ
・子どもの感想文程度にならないよう、結果・レース内容・次回頑張りたいこと等、前向きな文章で次に繋がるように。
・チーム内のやる気、温度差を統一の為。また大切な意見交換の場でもある為。
※レース前に目標タイムをアップすると尚良し。→たとえ本番で目標に届かなかったとしても、事前の意思表明は人間の精神面に大きくプラスに影響する

②練習内容改善
(→メニュー管理の藤木と相談します)
・現状の水曜練は、スピード練習もペース走に近い設定ペースで本数をこなす内容が多い。
ただでさえ年間のレース出場数が他チームと比較して圧倒的に少ないチーム状況なので、本数を減らして練習の中でレースペースで走る感覚を養う。
※強いては本番で全力を出し切る能力を鍛える!
具体例:先週の〔2000m + 600m〕1~3セットを改善
→ 2000m 2本 (間1000m[5分])
  2000m+ 1000m(間1000m[4分])
等のように、繋ぎのjogも意識して走り、より実践的な内容に。
なお、スピード練習の日は、1本1本を集中して走るので、A~C等の設定タイムはなく、スタート前に各自で申告。
また、総体の走行距離が少なくなる分、スタート時間を「19:30」にし、入念にアップを行うことで、距離を稼ぐと共に怪我防止に努める。

以上、草案ではありますが、ルーティン練習のマンネリ化した固定観念から、柔軟かつ臨機応変な対応をしていきたいと存じます。
私のアイデア如何でしょうか?


   副会長 GUCCI

1 件のコメント:

湯本 さんのコメント...

確かに水曜練習の内容が固定かしつつありますね。