2016年4月22日金曜日

心折設計


「今年は長野マラソン走ったんですか?」
「市町村は出るんですか?」

通常ならすこぶるありがたいお言葉の数々
現状はとても辛い言葉に変換されます…

鍼、指圧、キネシオ、インディバ、湿布、軟膏、アイシング、可視光線…

考えられるもの、実行できる範囲のものは全て試みましたが
最後のひと痛みがしぶとく残ります
かつて骨一本折れようが走った面影は無く
たかだか自身でさえ支えられない筋一本に愕然としています

市町村まで1週間、補欠に退がる未来が濃厚になりつつあります
その際にはご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。



こな

2 件のコメント:

湯本 さんのコメント...

安心してください。 駅伝ですから。

匿名 さんのコメント...

まずは全快、立場が変われば同じことを言うでしょう。   総監督