2015年11月21日土曜日

21区 レポート

「ライバルチームから遅れをとらない」これが最長区間21区の私の役目でした。

この区間は4度走っており、PBは4年前の55'40(第60回、区間6位)。この年は、5000mで15’12を記録するなど、とても良く走れているシーズンでした。これに対して今季は、上田、5000m、野沢クロカンと、直前のレースはどれもイマイチ。。。しかしこの区間は一人で1時間近く走る重要区間で、絶対に負けられないところ。私は昨年の同区間を走った藤木の55’29を目標に、最低でも56分切りを設定としました。

レースは、この区間を得意としている柳澤先生のアドバイスを元に組み立てました。そのペース配分がはまり、予定通り14㎞地点へ。ラスト3kmの上りでは根性まで使い果たしました。

結果はPBを12秒上回る、55'28(区間9位)。会心の走りでした。ここに私はチーム力を感じずにはいられませんでした。選手、スタッフ、サポーターからやってくる追い風を確かに感じたからです。

しかし満足はしていません。このトリッキーなハード区間を、私より2分も早く走る40代が2人もいるからです。力は歳じゃなく積み上げてきたものだと思っていますが、やはり勇気が湧きます。そして彼らを心から尊敬しつつ、あえて言います「今回は負けたが、次はおぼえておけ~!」

今後は同期コンビ(大山、山田)に柳澤先生も巻き込んで、最強アラフォートリオを目指します。醤油よりソース、さっぱりよりこってり、濃く深く泥臭く、まだまだいきます。引き続き応援をよろしくお願いします。

▽良かった点
1)攻めの姿勢
2)根性
3)ド根性

感謝 キャプテン

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

正に感動の21区でした。応援していて涙がでました。目に埃が入ったのでしょう。
         総監督

監督 さんのコメント...

素晴らしい走りでした。 ありがとうございます。
閉会式でも、40才台の力走について審判長から出ていました。
まだまだ攻めまくりましょう。 共に

匿名 さんのコメント...

最高のキャプテンと一緒にやれて、本当に最高です!
これからも、よろしくお願いします!レオ