2015年11月23日月曜日

15区レポート
























個人11回目の長野県縦断駅伝は、チーム初の7位という高順位で終えることが出来ました。これもひとえに、関わっていただいた皆様の情熱の賜物です。心より感謝しております。
以下、レポートです。

☆レース概況

今回走らせて頂いたのは、15区9.2km。塩尻市のバイパス道路を出発後、中山道・三州街道を経由しながら少しずつ登っていき、善知鳥峠を越えて北小野に辿り着く…というコースです。

14区の航平からタスキを受けた時点ですぐ前に2チーム見えたので「平坦なうちに追いついておこう」と思い、狙い通りすぐに追いつきます。1チームはすぐに離れましたが、飯山栄の山室選手に後ろをマークされました。通常はマークされると不利に思いますが、登りの実力者である山室選手に付かれたことで、逆にどの程度のペースで登っていけばいいか、良い参考にすることが出来ました。

善知鳥峠が近づくにつれ、徐々に勾配がきつくなっていきます。登り坂のトレーニングを本格的にやっていない自分には、最高到達点付近の勾配はかなり辛かったです…。ここで山室選手に前に出られ、一瞬集中が切れかかりそうになりました。

そこで目に入ってきたのが「分水嶺公園」という看板。「分水嶺」とは、地理的な用語のほかに「
物事の方向性が決まる分かれ目」の例えでもあります。この看板を見て、「ここで野垂れ死んだら、チームの目標からどんどん遠ざかってしまう!」と思い、筋力的にはかなり限界に近いながらも、どうにか踏ん張り切ることが出来ました。

最後の下りは余りに辛くてほぼ半泣きでしたが(各種Webに載っている写真はどれもそんな表情になっていますね…)、勢いで下り切って16区の祥平にタスキを渡しました。

結果:区間8位 32分20秒


☆サポートの充実

今年も2日目のみの選手は「後発隊」という形で、1日目に調整練習を行ってからチームに合流しました。
万全の状態でレースに臨めるのはもちろんのこと、直前まで一緒に走る選手たちの動きを見れるのも利点に感じました。きちんと全員走れる状態になっているのを確認でき、安心してレースに臨めました。
ちなみに今回、後発隊のリーダーなる役目も仰せつかりました。行程はリーダーに一任となっていたので、手探りながら以下のように設定しました。参考まで。

10:00 中野市民体育館集合
10:45 東和田運動公園着、各自調整練習
11:45 出発
12:15 松代ICにて昼食
14:00 岡谷市役所着

ドライバーの方々、色々と気を利かせていただき、ありがとうございました。


☆今後の目標

実は、県縦ではチーム目標を上回る区間順位をクリアしたことが一度もありません…。
今年も区間6位に10秒届きませんでした。詰めの甘い人生を送ってきたツケでしょうか?否、ただの実力不足でしょう。
来年こそは、どの区間であってもチーム目標を上回る走りをしたいです。(実質ハッタリに近いですが、一応)実業団ランナーと呼ばれる以上、そのくらいの成績は残さないといけないな、という思いもあります。
今年も限られた時間の中で色々と工夫してきましたが、まだまだトライしていくことが沢山あります。まずは2月の東京マラソンを目指す過程で、長い距離をこなせる力をつけていきたいと思います。

N神田

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

まだまだ伸びるよ、発展途上、神田大明神になってくれ。12/06 奥多摩渓谷3区 お任せしました。   総監督

監督 さんのコメント...

神田小明神 15区ありがとう。65回も今以上に強くなってくれ。
東京マラソン うらやましい。 自分は毎年落選しています。

匿名 さんのコメント...

気迫の走り、感動しました!
これからも、よろしくね!レオ

キャプテン さんのコメント...

いい顔してるわ~!!
ありがとう!