2015年11月30日月曜日

11/30 休

長野では雪も降ったとのことですが、東京はまだまだです。寒風は沁み入りますが。

今日は代休につき、土日より空いている皇居外周で25km走をやりました。少しずつ、マラソンのレースペースで走れる距離を伸ばしています。

12/6の奥多摩駅伝、及び12/19の皇居リレーマラソン、どちらも楽しみです。
駅伝が終わると走るモチベーションが地底深くまで落ちてしまうので、このような機会があるのはとても助かります。
メンバーの皆さん、よろしくお願いします!

N神田

2015年11月29日日曜日

シーズンイン

一足先に、雪の上に立ちました。
夏場は陸上の練習ばっかりだったので、スキーを履くとすぐにくたびれます。
第二節が始まります。今シーズンも、よろしくお願いします!

2015年11月28日土曜日

初雪

昨日、平地でも初雪が降りました。

いよいよ、本格的な冬が来ます。

今年の冬は、どんなトレーニングをしようか考えていますが、距離ばかりではなく、3年前に行った、スピードを入れていこうと考えています。

皆さんは、どんなトレーニングをしていきますか?

また、トレーニングを一緒にできる機会がありましたら、一緒にお願いします!

黒岩怜生

2015年11月27日金曜日

1週間経過

M川です。

アメリカに来て1週間が経ちました。
今日からサンクスギビング(感謝祭)で4連休です。
収穫祭とも聞いていたので、えびす講みたいなものかと思っていたら、日本の正月レベルでお店は午後にならないと開かれないです。店が開けばBlack Fridayというとんでもないバーゲンが始まるらしいです。

写真はハギの真似をしたのと、赴任者宅で芝刈りにトライしたものです。

走る方はホテルにトレーニングルームがあったので、トレッドミルに乗って鏡を見ながらフォームチェックをする所からスタートしました。
外で走りたくてしょうがないですが、今はせっかくあるものを使ってより良い走りを手に入れられるようにしたいです。

2015年11月25日水曜日

予定

お疲れ様です。

今年の縦断駅伝が終わり、来年に向けて練習を頑張る方、マラソンが迫っている方、スキーシーズンに向かっている方など様々だと思います。

私の次の予定は急遽出場することになった12月の奥多摩渓谷駅伝となります。
今年はメンバーが強いので当初は出場しない予定でしたが、1区を走ることになりました。

選手層が厚い中、流れを作る1区を走るということでプレッシャーもありますが、大学生の時は1区もよく走っていましたし、今より走れていた時を思い出す良い機会だと思って走ります。

たぶん今年最後のレースになると思いますので、流れを作る責任感を持ちながらも、久しぶりに走る関東のレースを楽しみたいです。

オスプレイ

2015年11月24日火曜日

案内

【関東支部 走り納め兼忘年会】
12/19 9時半スタート
皇居リレーマラソン(4人×1周 20キロ)
1走 N神田
2走 スバル
3走 ジャンボ
4走 ハギ
補欠 ニッチ
今年は、優勝はかたいと思うので、ゴールタイムで肉のグレードを変えます。
77分以内 Aランク
78分以内 Bランク
80分以内 Cランク
80分以上 牛丼

終了後、正午より神田付近にて打ち上げ。
忘年会からの参加もオッケーです。
よろしく!

ニッチ

2015年11月23日月曜日

15区レポート
























個人11回目の長野県縦断駅伝は、チーム初の7位という高順位で終えることが出来ました。これもひとえに、関わっていただいた皆様の情熱の賜物です。心より感謝しております。
以下、レポートです。

☆レース概況

今回走らせて頂いたのは、15区9.2km。塩尻市のバイパス道路を出発後、中山道・三州街道を経由しながら少しずつ登っていき、善知鳥峠を越えて北小野に辿り着く…というコースです。

14区の航平からタスキを受けた時点ですぐ前に2チーム見えたので「平坦なうちに追いついておこう」と思い、狙い通りすぐに追いつきます。1チームはすぐに離れましたが、飯山栄の山室選手に後ろをマークされました。通常はマークされると不利に思いますが、登りの実力者である山室選手に付かれたことで、逆にどの程度のペースで登っていけばいいか、良い参考にすることが出来ました。

善知鳥峠が近づくにつれ、徐々に勾配がきつくなっていきます。登り坂のトレーニングを本格的にやっていない自分には、最高到達点付近の勾配はかなり辛かったです…。ここで山室選手に前に出られ、一瞬集中が切れかかりそうになりました。

そこで目に入ってきたのが「分水嶺公園」という看板。「分水嶺」とは、地理的な用語のほかに「
物事の方向性が決まる分かれ目」の例えでもあります。この看板を見て、「ここで野垂れ死んだら、チームの目標からどんどん遠ざかってしまう!」と思い、筋力的にはかなり限界に近いながらも、どうにか踏ん張り切ることが出来ました。

最後の下りは余りに辛くてほぼ半泣きでしたが(各種Webに載っている写真はどれもそんな表情になっていますね…)、勢いで下り切って16区の祥平にタスキを渡しました。

結果:区間8位 32分20秒


☆サポートの充実

今年も2日目のみの選手は「後発隊」という形で、1日目に調整練習を行ってからチームに合流しました。
万全の状態でレースに臨めるのはもちろんのこと、直前まで一緒に走る選手たちの動きを見れるのも利点に感じました。きちんと全員走れる状態になっているのを確認でき、安心してレースに臨めました。
ちなみに今回、後発隊のリーダーなる役目も仰せつかりました。行程はリーダーに一任となっていたので、手探りながら以下のように設定しました。参考まで。

10:00 中野市民体育館集合
10:45 東和田運動公園着、各自調整練習
11:45 出発
12:15 松代ICにて昼食
14:00 岡谷市役所着

ドライバーの方々、色々と気を利かせていただき、ありがとうございました。


☆今後の目標

実は、県縦ではチーム目標を上回る区間順位をクリアしたことが一度もありません…。
今年も区間6位に10秒届きませんでした。詰めの甘い人生を送ってきたツケでしょうか?否、ただの実力不足でしょう。
来年こそは、どの区間であってもチーム目標を上回る走りをしたいです。(実質ハッタリに近いですが、一応)実業団ランナーと呼ばれる以上、そのくらいの成績は残さないといけないな、という思いもあります。
今年も限られた時間の中で色々と工夫してきましたが、まだまだトライしていくことが沢山あります。まずは2月の東京マラソンを目指す過程で、長い距離をこなせる力をつけていきたいと思います。

N神田

2015年11月21日土曜日

埼玉へ

今日は、秩父駅伝に参加するため、埼玉県に来ています。

職場のメンバーと参加してきます。

一区を走りますので、流れを作りたいと思います!

黒岩怜生

21区 レポート

「ライバルチームから遅れをとらない」これが最長区間21区の私の役目でした。

この区間は4度走っており、PBは4年前の55'40(第60回、区間6位)。この年は、5000mで15’12を記録するなど、とても良く走れているシーズンでした。これに対して今季は、上田、5000m、野沢クロカンと、直前のレースはどれもイマイチ。。。しかしこの区間は一人で1時間近く走る重要区間で、絶対に負けられないところ。私は昨年の同区間を走った藤木の55’29を目標に、最低でも56分切りを設定としました。

レースは、この区間を得意としている柳澤先生のアドバイスを元に組み立てました。そのペース配分がはまり、予定通り14㎞地点へ。ラスト3kmの上りでは根性まで使い果たしました。

結果はPBを12秒上回る、55'28(区間9位)。会心の走りでした。ここに私はチーム力を感じずにはいられませんでした。選手、スタッフ、サポーターからやってくる追い風を確かに感じたからです。

しかし満足はしていません。このトリッキーなハード区間を、私より2分も早く走る40代が2人もいるからです。力は歳じゃなく積み上げてきたものだと思っていますが、やはり勇気が湧きます。そして彼らを心から尊敬しつつ、あえて言います「今回は負けたが、次はおぼえておけ~!」

今後は同期コンビ(大山、山田)に柳澤先生も巻き込んで、最強アラフォートリオを目指します。醤油よりソース、さっぱりよりこってり、濃く深く泥臭く、まだまだいきます。引き続き応援をよろしくお願いします。

▽良かった点
1)攻めの姿勢
2)根性
3)ド根性

感謝 キャプテン

2015年11月20日金曜日

12区 レポート

先日は本当にお疲れ様でした。過去最高の成績の一員として走れたことを光栄に思います。

12区は平坦な10.1キロコースで13チームが繰り上げ一斉スタートとなるなど、序盤から集団で様子を見ながらレースを進めることが出来たため、今の私にとって最も適任な区間だったと思います。
入り1キロを3分10秒で通過し、その後は長野市、飯田下伊那チームと並走しながら3分20秒で繋いで行き、沿道の声援を力にしながら我慢して粘っていく展開でした。
中盤まで余裕を持って走ることが出来ましたが、ラスト2キロあたりから急に足が重くなり前から落ちてきた安曇野市や長野市に取り残されて悔しい結果です。

今年3月中野へ転勤になり、直ぐに総監督に声を掛けて頂き、中野下高井チームに仲間入りすることが出来ました。
昨年から10キロあたり自己ベストを2分近く縮めることが出来ましたが、まだまだ自己の練習法など、改善出来るところは多々あり、自分はまだまだタイムが伸びるはずだと実感しています。

来年は5キロ15分30秒、10キロ32分30秒を目指して練習に励んで行きたいと思います。
本当にお疲れ様でした!

犬童啓太

5区 レポート

今年の縦断駅伝では、1日目の5区を走らせていただきました。
一週間前に試走に連れて行っていただいた時には走れず不安もありましたが、当日は石川コーチにいただいたアドバイスを意識しながら走れました。
最初の1kmの入りが予定より遅かったのですが、前が見えるレースだったので
一歩一歩焦らず前との距離を縮めていけたことは良かったと思います。
また、ラストの上り坂もリズム良く上がれて、そのまま勢いを落とさず200m繋げられました。
しかし、前でずっと見えていた選手との差をもっと縮めたかったというのは反省点です。

去年は怪我で予選会にも出場できませんでしたが、
今年は春から大きな怪我もなく走らせていただいてきました。
ですが、縦断駅伝一週間前に足底筋を痛めてしまい、自覚が足りないと感じました。
しかし、チームの方々にたくさん声を掛けていただき
自信を持って走ることができました。

まだ縦断駅伝で走らせていただいて3回目ですが
今回は縦断駅伝を通して得たものが多くとても充実した気持ちです。
やはり、縦断駅伝で走れることはとても嬉しいです。

来年は1500.3000で北信越に行き、その上も目指していきたいと思っています。

縦断駅伝まで治療してくださった松田接骨院の先生方
そして、応援してくださった立志館の先生方、家族に感謝しています。

走らせていただきありがとうございました。

臼井夏海

2015年11月19日木曜日

「中野下高井チームを強くする会」会報!


































「中野下高井チームを強くする会」より、第64回長野県縦断駅伝に係る会報が発行していただきました。史上最高位という成績を残すことができたのは、地域の皆様、サポートの皆様のお陰です。
選手一同、更なる飛躍を誓います!!選手一同

6区、17区レポ

M川です。
初めて県縦に出たのが15年前。15位だった中野下高井が7位という史上最高成績を残せた事、とても嬉しく思っています。

6区。チームに流れを持ってきてやるという気持ちで走り出しましたが、風に押し付けられれ後半、前回の様な伸びのある走りが出来ず、区間7位。

17区。好走した選手の走りに応えようという思いで走りました。前日のリベンジを誓い、必死で目の前にいる追いかけました。16km走って縮められたのはわずか5秒。自己のコースレコードは2秒短縮しました。100点満点の走りでは無いけれど、自分の今持てる力は出し切りました。

来年からしばらく県縦に出る事は難しいでしょう。しかし、私なりにチームの為に出来ることはあると考えていますので、6位入賞に向かって頑張っていきましょう!
とりあえずインディアナキャンプで基礎作りして来ます!

2015年11月18日水曜日

18区レポート

まず、チームとして6位入賞とはなりませんでしたが、過去最高の7位となり、私自身も10回目を無事に正選手として走りきることができました。
この節目を過去最高順位で終えられたのも選手、役員、そして地域の皆さんのおかげです。この場を借りて御礼を申し上げます。

今回は18区(10km)を走らさせていただきました。結果は33分18秒で区間10位です。

今年は5000mのタイムが17分台から始まり、北信選手権の5000mを16分35秒で走ってからは、1km3分20秒(5000m16分40秒)ペースを意識し、そのスピードで、より長い距離を押していく練習をしました。

結果的には練習計画通りのタイムで走ることができ、チーム順位も8位から7位に上げられたことに関しては良かったと思います。

それでも前にいた松本とは差が開いてしまい、襷も繋げず、区間順位も入賞を狙うチームとしては足手まといですので、そこは反省点です。

18区はつなぎ区間と言われていますが、それでも結果を出すには10km32分台は必要だなと感じました。
そのためにも来年度は5000m15分台を出してロードにつなげていくことを目標にし、20回目出場に向けて頑張ります!

藤木悠平

9区 レポート

県縦断駅伝では、9区の登り区間を走らさせていただきました。突然の変更の中でも下りより登りの方が自信があったので落ち着いてレースを迎えられました。また、ここ3年間は調子の良い状態で駅伝を迎える事が出来ていなかったのですが、今年は練習も詰めて調子が上がってきている状態での駅伝だったので登るのが、楽しみでした。
下見した中でも、このコースはどれだけ我慢できるかがタイムに大きく関わってくるなと思い、我慢の走りをしようと走りました。その考えどうりラスト3キロまでは、キツイ登りで我慢して緩やかな所で落ち着かせると行った走りで前の差を縮めて行けたのですが最後の坂で自分に負けてしまいました。順位は一つあげたもののレースを振り返ってみるとラストの走りであと2〜3分は変わっていたと思い悔しかったです!
来年に向けてもっと強くなって来年こそは、区間3位以内に入ってチーム目標の6位に貢献したいです!
また自分は中野下高井チームの雰囲気が好きで、うまく言えないのですが県縦断駅伝のチームの中で一番チームらしく戦えていたと思います。それが中野下高井の他のチームには負けな所だと思いました。駅伝は最後の苦しい場面では、チームという意識が強さになると思います!普段は大学のチームの一員として走っているわけですが、中野下高井チームの一員である事も忘れることなく来年に向けて走っていきたい!
関係者の方々、応援、サポートしてくださった皆さん本当にありがとうございました。
二日間お疲れ様でした。
9区9.5キロ区間8位39'20
黒川 岳

2015年11月17日火曜日

19区レポート

第64回長野県縦断駅伝
中野下高井チーム過去最高記録7位
二日間選手の皆さんサポート関係の皆さん、応援にかけつてきてくれた方々
本当にありがとうございました!

今回で縦断駅伝8回目の出場となった64回大会
昨年怪我で走れなかった19区のコースに再び足を踏み入れることが出来ました。
二日間とも雨予報だったのですが私自身が走る頃には晴れ上がってきて走りやすい気候に変わり、スタート前に石川コーチからの電話があり佐久と松本には離されるな、と指示をもらい繰り上げスタート

長年走ってきたコースですが上り坂が多くいつもうまくペースを作れなかったことがあったので前半上げすぎず後半勝負で前方にいた松本と佐久の選手を追いました。
前半は予定通り走れて後半の上り坂へ突入して後ろにいた選手とも距離を離すことができましたが、なかなか前にいた松本と佐久の選手との差は縮まらずラストの直線追い上げましたが結局追いつくことはできずに武田くんへタスキを繋ぎました。

一昨年のタイムよりも今年のタイムは上がっていたのでそこは少し前よりも成長できたかなと感じられました。
現役の高校生や大学生なども走る区間なので圧倒的にやられてしまうのではないかと不安な部分もありましたが一年間やってきた練習を信じて今回走れて良かったですがまだまだ社会人ランナー選手にも上には上が沢山いる大会なので冬場の練習からまた仕切り直して来年の駅伝へと繋げたいと思います。

女子チーフとしては今回初出場の山崎あみやいま伸び盛りの臼井なつみ、二人とも怪我があるにも関わらずよく走ってくれました。
二人とも真面目な性格で足が痛くても練習を休めない子達でしたがしっかり足の状態を私に教えてくれてその時の状態に応じて指示をしましたが二人ともその通りに行動してケアをしたり練習を休んでみたりして良い状態に近いところでレースに望めたと私は思います。
なかなか思うように増えない女子メンバーですが諦めずにこれからもおツボね女子チーフとして選手の力になります!

二日間本当に皆さんお疲れ様でした!


松山

7区レポート

まず始めに、選手の皆さん、応援・サポートして下さった皆さん、2日間ありがとうございました。

また、急きょでしたが、自分を起用して下さった、総監督・監督・キャプテン・役員の皆さん、起用して下さり、ありがとうございました。

走りとしては、2年前の自分よりも50秒ほど遅いタイムでしたが、最低限の仕事として、見た目の順位を上げれたこと、また目標とする6位の姿が見える位置で渡せたことは、良かったと思います。

とにかく、前の選手の姿が見えなくならないように、粘って走れたと思います。

また、過去最高のメンバーの一人として、この場にいれるのは、陸上人生で最高の思い出になりました。

ずっと走り続けてて、本当に良かったと思います。

ただ、来年は2日走りも減り、本当の意味で正念場を向かえます。

6位を目指す一人として、これからも努力を続けていきます!

よろしくお願い致します。

7区、29分31秒、区間8位

黒岩怜生

2区 レポート

県縦断駅伝への応援有難う御座いました。
まず、中野下高井史上最高7位の一員でいられた事は誇りです。

※64回大会を振り返り
区間13位 7.8k 26分10秒
6位入賞を目指したチームとして、大、大、大ブレーキ。まして、勢いをつけなければならない区間において、勢いどころか流れまで一旦断ち切ってしまいました。1日目の松本市、全佐久との差も随分変わっていた事でしょう。
今は、ただただ情けないだけです。

レース後、総監督、監督、選手の皆さんには、とても温かく励ましの言葉かけてもらいました。そんな優しさに甘えず、御指導の下、練習に励みますのでよろしくお願いしますm(_ _)m

※今後の予定・目標
びわ湖毎日マラソン出場(フルマラソン引退レースとして)
5000m 15分12秒以内(まずはキャプテン越え)
10000m 31分台
チームとしては、65回大会 6位入賞に向けたチーム作り。

これからの本格的な冬を迎えますが、皆様の御健康とご多幸、そして、中野下高井駅伝チームの益々の発展を祈念申し上げ、ニッチこと、青木浩二の報告と代えさせて頂きます。

有難う御座いました!

2015年11月16日月曜日

10区 レポート

自身三度目の10区は苦戦を強いられました。
夏場の7・8月に思うような練習量をこなすことが出来ず、それが秋口に不安要素として懸念されました。
古戦場で今年の底辺を見て後に最低限にして最大限の"調節"を行い、何とかそれなりに間に合わせることが出来たのでは無いかと思います。
当日は雨・風・霧(前半)の中、前を視界に捉えるべく前半をオーバーペースで突っ込みました。
結局始終単独走となったために、中盤以降の上り坂二つで身体が止まり、ラスト5kmは潰れてしまいました。
千代多屋でも述べたように、私の役割は「前の選手を抜き、順位を上げ、流れを変える」ことだと常々考えていたため、今回自分の為すべきことを達成できたとは思いません。
それでも結果的にプラスの効果も出たのであれば幸いです。
 来年の県縦を見据えることは勿論ですが、中間地点として先ずは市町村駅伝を次の目標とします。
NDFとの付き合いも早いもので三年が過ぎました。
残り時間は分かりませんが、このチームに在籍する間は可能な限り上昇気流に乗せる走りを目指します。
 犬童さんが「この身朽ち果てるまで」と仰っていましたが、奇遇ですね、丁度三年前の伊勢路から大一番に際してのmyスローガンは「全尽身倒」です。
目標達成のためならば、骨の一本折れようが、皮の一枚剥がれようが総てを懸けて走りきる。そんな風に心持ちだけでも威勢良く襷を繋げていきたいです。
 最後になりましたが、二日間、また平生より多岐にわたるご声援・ご支援に多大な感謝を申し上げます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

上れない山岳部隊:コナ

8区レポート

中野下高井チーム史上、最高順位で第64回長野県縦断駅伝を終えることができ、非常に嬉しく思います。私は、第8区を走りました。エース区間で粘り、繋ぎ区間で順位を上げることが、目標達成への作戦であり、自分の仕事は「順位を上げること」でした。結果:区間11位(40'00)
順位は落さなかったものの、与えられた仕事の殆どを消化せずにレースを終えました。年間通して調子がいまいち上がらなかった自分ですが、得意の登り区間での爆発を信じ、起用してくれた首脳陣や仲間たちには大変申し訳ない思いでいっぱいです。
レース展開としては、雨と風の中、中間地点まで千曲坂城、大町北安曇の選手と3人のパックを作りました。特に千曲坂城の選手は、自分より格上だということは分かっていたので、とにかく付いて離れないということだけを意識しました。終盤、勾配がきつくなってきたところでどうしても付いて行かれなくなり、離れ始めました。そこからリズムが狂い、一時は後方に落ちた大町北安曇の選手にも逆転されました。動いても動いても登っていかない・・・苦しい終盤でした。しかし、臆することなく格上の選手に挑んでいかれたことは自分の中でも評価できる点です。
来年は当然、チームとして6位入賞を目指すに限ります。しかしながら、今の自分に足りないものを補う方法を見失いつつあります。今年は色々なことを我慢し、周囲も巻き込み、充実したトレーニングを積むことが出来ました。けれども数字が伴いませんでした。そんなに簡単には変われないことは分かっているつもりですが、今後、更なる強化をするに当たり、その方法が定まってこない現状です。「第65回大会の6位入賞」に向け、まずはしっかり自分と向き合います。そして来年こそは必ず、6位入賞の大きな歯車になってみせます。
個人目標もチーム目標も達成して、心から笑ってやるのだ!

岡利哉

11区 レポート

1.11区レポート
2.前半は下り坂が多くいいリズムで気持ち良く走れました。後半はきつかったけど粘りの走りができたと思います。区間3位だった事は嬉しかったけどこれで満足せずにもっと上を目指して頑張っていきたいです。
3.今後の目標はもっとスピードをつけて5000mで15分30分を出して来年も県縦断駅伝に出させていだだけるようにこれからも頑張っていきたいです。
4.神田時宗

1区、14区 レポート

第64回大会が幕を閉じ、新たな365日が始動いたします。本大会は、中野下高井チーム史上初を7位を獲得することが出来ました。この結果は、選手・サポート・応援の三位一体の努力の賜物であり、2日間走らせて頂いたことに心より感謝しております。

1区、箱根駅伝を目指す大学生の揺さぶりに耐え忍ぶ展開。気象条件からも体力を大きく消耗し、離されてからは前後のいない単独走の区間10位。

14区、此方も学生主体の区間で事実上の両日1区。13位スタート、追う展開は得意。射程圏内に入った獲物を全て捉える気迫で5人抜きの区間6位。

考察すると、今年はロードレース主体でスタミナを重視してきました。しかし、いざ今回のように勢いある学生主体の若い区間を走ると、ペース・一発のスピードの変化の揺さぶりに対応するのは至難の業です。次回大会へ向けて、今年やや不振気味だったトラックレースに改めて注力することが必須と感じました。

6位入賞の目標へ向かって、来年ファミリーみんなでリベンジしましょう!


    丸山航平

御礼
















第64回長野県縦断駅伝は過去最高の総合7位という結果でフィニッシュしました。

ここ数十年、上位常連だった強豪チームの一角を崩してトップ7入りできたのは、たくさんの方々にご指導ご声援をいただいたおかげです。本当にありがとうございました。

 私たちは今回の成果をくさびに、更なる高みを目指します。引き続き、中野下高井駅伝チームの応援をよろしくお願い致します!

強く、楽しく、美しく
キャプテン

掲載情報 長野体育スポーツジャーナル

中野下高井チーム最高7位。2日目攻めの走り

https://www.n-journal.ne.jp/sports/athletics/ekiden/21771/

2015年11月15日日曜日

thank you 社会人

I need you.

打ち上げ‼︎

M川、仮装。フサフサ(笑

これだから、NDFは大好きです!

長野体育ジャーナル 柳澤瑞樹選手

新たな仲間、出会いに感謝!

https://www.n-journal.ne.jp/sports/athletics/ekiden/21707/

縦断駅伝 2日目スタート!応援よろしくお願い致します!

2日走り!

22区 柳澤選手

ぶっ飛びます!

21区 キャプテン

おはよう、武田選手。

2日目始まるよー

18区 オスプレイ
19区 なっちゃん
いい顔してます!

強く・楽しく・美しく

二日目が始まります!

強く・楽しく・美しく、最後まで走り抜きましょう!

黒岩怜生

2015年11月13日金曜日

応援よろしくお願い致します!!

今年の中野下高井は陸上、クロスカントリースキーのハイブリットチームが出来上がりました。

新しくチームに加入したチームメイトは超個性的。ミスター安定感、下りをぶっ飛ぶ先生、ブレイク寸前の隠し玉。。。スキーからはインターハイチャンピオン、国体チャンピオン、全中チャンピオンなどオールスターが勢ぞろい。

私たちは初日から6位以内を目指します。長距離区間で耐えて、短い区間でじわじわと順位を上げていくのが理想です。特に山岳エリアでは勝負します。

二日目は最初から攻めます。そして終盤の21区、22区を担うアラフォーコンビがキーです。そこまでに、良いポジションを作れるかどうかが目標達成のポイントになります。

チーム史上最高位の6位を目指して、最後まで諦めず全力を尽くします。応援をよろしくお願い致します!


キャプテン


▽大会の様子は以下より中継されます。

SBCラジオ
14日(土):1日目
8:29    -    8:59  <スタート生中継~つれづれ>(長野市)
9:20頃- 9:30 <速報~つれづれ>
10:43頃-10:48 <速報~つれづれ>
11:25 -11:30 <速報>
13:00 -13:10 <速報~ともラジ>
14:00 -14:10 <速報~ともラジ>
14:55 -15:25 <フィニッシュ生中継>(岡谷市)

11月15日(日)7:50 - 8:15 <スタート生中継>(松本市)8:55 - 9:00 <速報>9:55 -10:00 <速報>
10:54 -11:00 <速報>
11:45 -12:00 <速報>12:40 -13:45 <フィニッシュ生中継>(飯田市)


2015年11月12日木曜日

県縦ラブ

M川です。

私は駅伝が好きです。襷が掛かると普段できない走りが出来るから。
その中でも県縦は1年の中で一番好きです。南北に長い長野県、コース豊かでそれぞれの役割がはっきりしているから、自分の任された区間にやりがいを感じるからです。

残された明日。チームの目標達成の為に自分のすべき事を考えて過ごしたいです。

2015年11月11日水曜日

10回目出場

お疲れ様です。

今日は今年度最後の合同練習でした。
調整練習として、1000m+1000mと2000m+1000mにそれぞれ分かれて行いました。

先週末の中野市駅伝、今日の練習共にまずまずの走りですので、体調を整えてスタートに立てれば結果はついてくると思います。

今年度を振り返れば絶不調で、過去最高に強いチーム状況で選手に選ばれるのは絶望的でしたが、選考レースで結果を出し、その後も調子を上げることができ、10回目の出場という節目を正選手として迎えることになりました。

今の私の実力だけでは正選手になれなかったと思います。良いタイミングで運に恵まれ、調子が上がり、多くの人に支えられて正選手になりました。

当日まで何があるかわからないので、怪我や体調不良に気をつけて、今週末は中学生のころから続いた10年間、地域の代表に選んでいただいたことに感謝し、私が選ばれたことによって走れない選手の分も走ってきます。

地域の皆さん中野下高井チームの応援よろしくお願いします!

オスプレイ

いよいよ!

今日で2015年縦断駅伝前の練習が終わりました。
あっという間の一年
毎年毎年調子の良い身体の状態を保てる訳ではないですが、皆さんまた一年ここまで頑張ってきました

中学生も選考会を終えて練習に参加してきてくれましたが今日でそれも最後
今日は男子は1000mの刺激
女子中学生はジョグ
中学生はいい状態で当日を迎えられると思います!
また秋らしく一段と冷え込んで土日は天気がどのようになるか不安ですが気候の変化は全員同じなのでどんな天気でもいいように準備万端で土曜日出発しましょう!

縦断駅伝第64回目も
強く楽しく美しく みんなで走り抜けましょう!


N松山

いくぞ!!

2015、最後の練習会が終わりました。今年もよく走ったなー。

縦断駅伝って本当におもしろい。最高の仲間に囲まれ、ここでしか吸えない空気があるよね。

さあ、いよいよはじまるぞ!みんな、大暴れしてやろーぜ!中野下高井の歴史を変えるぞ!!

キャプテン

2015年11月10日火曜日

掲載情報 信濃毎日新聞

応援

今、我々選手は駅伝当日、100%の力が発揮できるように最終調整を行っています。
先日、私は記録会で自分の記録を120%達成しました。そこでの100%から120%へは、人からの応援でした。行動するのは自分ですが、人からの応援で更に力が湧いてくる。改めて、人からのエールに私も支えられていると思う出来事でした。

長野県縦断駅伝 11/14・15は、中野下高井駅伝チームの応援、よろしくお願いします!

ニッチ

2015年11月8日日曜日

2015年11月7日土曜日

1週間

さて、本番まであと1週間となりました。

自分自身も、しっかりと準備しています。

団結式も終わり、より一層引き締まります。

湯本監督が、大切なのはいつもとおりの生活をすること。と言われたように、今までの努力を信じて、来週は暴れまくりましょう!

黒岩怜生

試走報告2

M川です。
5区臼井、11区神田の試走をしてきました。

11区は一昨年、迷子になった人がいたと聞いていたのでケータイが入るベルトを準備をしていったら役に立ちました。

終了後は上諏訪の足湯入ってきました。

6位入賞の為に、走ること意外にも自分に出来ることがあるのが嬉しかったです。1週間後にきっと繋がるでしょう。

来週の水曜日は刺激をやる人は出来るだけまとまってやりましょう。
1、2000+1000
2、1000+1000
3、1000+400
でどうでしょうか。

試走報告

本日 11/07 19区松山なつみ 20区武田優介 試走完了、本番に向けての準備完了。松山さんは絞れて走りが軽いし 武田君は中学駅伝での反省がプラスとなるでしょう。いい感じ!
           総監督

2015年11月6日金曜日

結団式

野沢温泉役場で結団式が行われました。

改めて、心強い仲間に恵まれた事に感謝です。

64回大会、大暴れしてやりましょう!

キャプテン

11/3 東日本実業団駅伝

2015年11月5日木曜日

U-15 練習会 2015最終回!

春から実施してきた新企画、U-15練習会の全日程が終了しました!(写真は小学4年~6年生)

身長も走力もとてもよく伸びました。仲間の輪が広がりました。みんなで練習する事で挨拶やルールを守る事ができました!
今年は全11回でした。来春も「強く、楽しく、美しく」をチームスローガンに練習会を開催しますので、ぜひご参加ください!
「強く」→目標に挑戦するファイティングスピリットの重要性を知る
「楽しく」→フレンドシップがいかに大切かを知り多くの仲間を作る
「美しく」→競技スポーツによってフェアプレイ精神を学ぶ
我が地域の宝ですね!今後が楽しみです!

山田コーチ

2015年11月4日水曜日

11/4合同練習

お疲れ様です。

今日の合同練習は3000m+2000m+1000m(R8分)で、タイムは各自のレースペースに合わせる形となりました。

私は先週末に野沢温泉のクロカンで6kmに出場し、昨日も長野市駅伝チームのお世話になり、レースペースで走っているので、今日はレースペースで走りながらも上げすぎないように意識しました。

クロカンは人数が少なかったこともあり、私が1位でJumboが2位、コースがクロカンというよりトレイルだったので怪我に気をつけて安全に走りました。
昨日は長野市駅伝チームの走りを見て仕上がりの良さと選手層の厚さを感じました。入賞は甘くないですが、チーム一丸となって戦っていきたいです。

ここまではレース、ポイント練習が続いているので、怪我に気をつけて慎重に走りながらも疲れを感じますが、これで体調を整えれば調子はさらに上がると思いますので、今週末の中野市駅伝で状態を確認し、本番にしっかりと合わせていきたいです。

オスプレイ

明日は結団式!

お疲れ様です!

今週も寒い中ラスト2回目の練習が始まりました。

中学生グループは前日に
中学駅伝を終えたばかりだったので
今日はゆっくり40分ジョグの疲労抜きメニュー。

一般と高校生は、
ブログに記載されていた通り
3000m、2000m、1000m
設定ペースは各自ということで、
今回は立志館の臼井なつみと一緒に女子は女子でメニューを組み換えて練習をしました

日を追うごとに寒さは厳しくなりますが
体調管理だけはしっかり成し遂げて来週の本番に備えたいです!
明日は野沢で結団式です
赤いジャージ姿で盛り上がりましょう!



N松山

2015年11月3日火曜日

仕上げの仕上げ!


こんばんは。珍しく夜に投稿のニッチです。
1日 国士舘記録会5000mにて自己ベスト更新!そして、雄叫び。。。
3日 ロードレース15kmにて優勝!! 最後のポイント練習のつもりで。

縦断駅伝までの残り10日間は、足すのではなく、引いていく練習へシフトチェンジです。
ロマンティックが止まらない~ワクワク!

決まる!

オーダー会議完了!

中野下高井史上、最高におもしろいチームになりました。ワクワクするようなレース展開になるでしょう。

目標6位。強豪チームを倒して、勝ち取る!

応援をよろしくお願い致します!

キャプテン

最強オーダー決定!

 11/02 選手会役員会にて最終・最強オーダー決定しました。1区丸山航平選手からスタートして22区柳澤瑞樹選手まで一枚岩チームの襷リレー 絶対入賞しましょう。2区は15:29のベストを出した ニッチ、7区はガッツ、11区が立志館の神田時宗、16区が15:55 長野日大の青木祥平 の新鋭高校生。その他区間は 変更なし。解るね。
■あと12日、怪我、故障しない様 頼みます、お願いします。「6位 入賞! 絶対 入賞! 死んでも入賞!」
         総監督

2015年11月1日日曜日

県高校駅伝

■女子の部 中野立志館 昨年と同じ4位 入賞。1区 臼井夏海選手 区間4位(2位と3秒差)、快走でした。(写真は1区2km地点 2位グループで快走の 臼井夏海選手)
■男子の部 中野立志館 16位 神田時宗、渡辺万葉、石川夏暉、イマイチでした。高専の関、走りが戻ってきました、来年だ。 長野工業 小松クン 練習不足、神田クンに負けていた。黒川豪太も長野高校2区で ボチボチかな。
 長野日大 佐久長聖に負けて2位。北信越で特別枠狙います。でも 青木君は1年なので我がチーム入りできます。宮田くんは今大会 走れませんでした、調子が悪いようです。彼は 北信越に行きますのでチーム入りできません。
・・・明日 最終オーダー会議で19人 決定です。
        総監督

野沢温泉 クロカン

野沢温泉のクロカン大会に出場してきました。中学生も直人もいい感じでした。

私ですが、高校生に負けてくやしぃぃ〜T_Tここからスパイク上に調子が上がるように仕掛けた準備を信じて、粛々とやるべき事に邁進します。

心配しても、怖がってもあと2週間。どうせ同じ時間を過ごすなら、思い切り楽しもう!

キャプテン

好調です

縦断駅伝前の調整レースとして、「ながのとびっくランinわかほ」に出場しました。
総合優勝したエース丸山と中野下高井ワンツーを狙いましたが、総合3位に沈みました。しかしながら、久々に手応えのある走りができました。
このままあと2週間、良い感じにいきそうです!

野沢温泉クロカン 中学生リザルト