2013年11月15日金曜日

思い切り走るだけだ

主将就任7年目。最強の戦力が整った。いよいよ中野下高井史上最高位である8位を突破する時だ。

今シーズンの目標「強豪チームを倒して、8位になる」そのために全員が区間8位以内に入る、これが俺たちの作戦だ。

ただこれだけはチームメイトに言っておきたい。

みんなもきっと感じている通り、競技スポーツは勝ったからエラいわけじゃないし、負けたからダメなんじゃない。だからこそ思い切り勝負にこだわれる、と私は思う。とにかく勝ちにいくぜー!!負けたら負けたでしょうがないじゃないか、でいいと思う。

だから変に気負わない。誤解を恐れずにあえて言えば、チームに貢献するなんて言うのは二の次でいい。 思い切り走ってフィニッシュを切る。選手にとってそれが一番楽しいはず。選手はレースで本能的に大胆にやっていいのに、それを押し殺そうとするからネガティブな緊張をするし、いつもの力が出ない。たとえミスしても、ワーッと元気よくやればいい。のびやかに自由に暴れまくって欲しい。きっとサポーターの皆様もそんな清々しい姿をみたいはずです。

俺は走る、ではなく、俺が走る!弱々しい気持ちではなく、強い気持ちで走る!駅伝という最高のゲームで、ライバルたちとバチバチ競争しようぜ!

明日、皆に合える事を楽しみにしています!

キャプテン

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

楽しみましょう!レオ

匿名 さんのコメント...

中野下高井チームの健闘を心から応援しています。

頑張れ中高チーム!


望月楓子 父