2013年2月14日木曜日

「好事魔多し」

2013年2月14日15:30頃、それは起きた。

神奈川県川崎市○○区○○、そこは公道ではなく、私道と呼ばれる狭い道である。通称「GUCCI」と呼ばれている青年は、散髪を終え、公道からその私道へ差し掛かるところであった。何気なしに彼が歩いていた時、私道から軽自動車の部類に入る「ホンダ・LIFE」、女子大生が運転するそのクリーム色の鉄の塊が、交差点に差し掛かるというのに、比較的速いスピードで突っ込んできた。

そして・・・・・・、青年と鉄の塊は衝突した。
青年は、左バンパー・左ミラーにぶつかる、また、ボンネットに乗っかる、最後に身体が飛び、道に逸れた。倒れた彼に、すぐさま運転していた女子大生が駆け付ける。すぐ後ろを走っていた、原付にまたがる中年男性は、青ざめて渋い顔をしている。辺りは、騒然となった。

すると・・・・・、彼はムクッと姿勢良く立ち上がり、パンパンッとズボンの泥を払い、無言でクリーム色の鉄の塊の曲がった左ミラーを直した。
一言「大丈夫です!かすり傷ですから!安心して下さい!」と。その後、軽快な足取りで、青年はその場を立ち去った。野次馬たちも、その好青年の姿に安堵の表情であったとさ。


GUCCIは、走馬灯のように、こう語る。
「いや~、あの時はマジでぶつかるな、って気付いたんです。そん時は、もう遅くて、まるでドラマやマンガのように、時間が止まったんです。ぶつかる瞬間'終わった'と、心の中でゆっくり叫ぶ時間がありましたから。幸い、数箇所の打撲程度です。でも下腿の部分は、2年前、箱根を諦める原因となった大怪我の場所なんですよね。天龍も、SUBARUはスクラップ気味で修理に出しちゃったし、急遽、ランプからアラジン様を召喚する事になりましたからね。満身創痍のチーム事情です。でも、企画・配置の時点で、オレを最重要区間に置かなくて本当に良かったと思っています。まさか!ですから。勿論、不安は当然あるので、多少余裕を持って走れるかな!」

また最近については、「いや~、まさに'好事魔多し'ですよ。人より秀でた事ばかりしてると、神様は嫉妬してしまうんですね。最近は、自身の言った事には責任を持ち、結果も出していた。数日前に、マドンナ姉さんの死についての投稿に'いつ逝ってもいいように、1日1日を大切に過ごしていきます'、な~んてコメントしたから、本当にそうなのか神様が試したんだなあ、なんて今は思います。でも実際そういう事が起きると、一瞬なんだなって思います。あっけない、まだやりたいことが山ほどある。」
「神様、時間をくれ!オレみたいなのは、どう過ごしていくか、一生で何時間走るかもわからん。でも、どんな事があっても、もっともっと喜んで、楽しんで、笑っていきたい。最後に、最高の笑顔で天に召されるようにね!」


    企画調整統括部長 「大丈夫です!余裕です!」

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

 事実は小説よりも奇なり。文才もあるよGucciは。でも かすり傷で良かった、せめてもの神様のご配慮かな。
 立ち去る場面を想像すると 思わず吹き出すぜ、コミカルな絵が浮かびます。
◆ 一つ 気になること、ホンダLIFEの女子大生 美人でしたか。お付き合いしたら。
 でも 非常時に知り合ったカップルは結ばれないと言います。
             総監督

GUCCI さんのコメント...

それは無いです。

痛い様子を見せず(ホントは飛び上るほど痛い 笑)、黙って、立ち去る事がカッコイイと思っていますから。

そう、つまり、カッコつけて立ち去っただけです!

黒岩怜生 さんのコメント...

大丈夫なん?

キャプテン さんのコメント...

長いから後回しにしようと思ったけど、結局読んでしまった、、、

俺も京都でひかれて(無傷)、中古5千円のチャリが4万円のチャリになったけ。気をつけよう。お大事に。