2013年1月5日土曜日

箱根駅伝

第89回の箱根駅伝。

日本体育大学が、昨年19位からリベンジをして、見事に総合優勝しました。

3年生キャプテンは、「いろいろ不安はあったけど、チームが1つになれた結果」と言っていました。

4年生も、年下のキャプテンには、最初は納得してなかったようです。

反発もあり、腐っていたそうです。

しかし、3年生キャプテンの姿を見て、「4年生が一枚岩にならないでどうする」と1人が投げかけ、キャプテンについて行くようになったそうです。

そして、チーム全体でも、私生活から全て見直し、感謝の気持ちを持って、謙虚に素直に取り組んだそうです。

まさに、チームで勝ち取った勝利でした。

落ちるとこまで落ちて、這い上がったチームは強く、そして逞しかったです。

とても、感動しました。

ただ、我が母校は残念ながら、シード落ちをしてしまいました。

来年は、一回り大きくなって帰ってきてほしいです。

必ずできる!

そして、NDFも目標に向かって、チーム一丸でいきましょう!

黒岩怜生

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

がんばろーう!キャプテン