2013年1月23日水曜日

久しぶりの投稿、町田てす。

先週の土日にスキーの京都府国体予選に出場してきました。
今季は昨年に比べて積雪量が多かったため年末年始の帰省時にしっかりと滑り込むことができました。
それから京都にもどり2週間スキーに乗れないままで臨んだレースでしたが、結果は2種目優勝で国体本戦へと駒を進めることかできました。

問題はこれから本戦までの1ヶ月、スキーに乗れない環境の中どれだけスキーに有用なトレーニングを陸上で構成していけるか。

人の神経伝達はとても面白く、例えば寝転がった状態で自分の思い描くフォームを頭の中でイメージするだけでも、その動きに関わる筋肉へと神経伝達が行われ、実際に運動したときにはより繊細にカラダを動かせるようになります。

これはリハビリ中にも使えることで、動けないときの筋力低下の遅延の効果もあるそうです。

ガンガン妄想して本戦で少しでも上を目指していきます!

3 件のコメント:

黒岩怜生 さんのコメント...

自分も、良く妄想するよ!
イメージ、大切だよね!

キャプテン さんのコメント...

レースへ向けた調整はイメージ力に大きく影響を受けると感じていたけど、やはりそうなんだね。

レオ、
イメージはイメージでも疲れた時に回復ボタン押す、、、とか現実離れはダメみたいだな、、、(笑)

匿名 さんのコメント...

Giant 元気だ 良かった。京都修行 早く卒業して 帰ってきなさい、京美人の伴侶を連れて。
              総監督