2012年9月8日土曜日

オープンロシアランアーチェリー

G町田です。
 
無事帰ってまいりました。
いいことわるいこと多々ありましたが、自分にとってためになることばかりのすばらしい旅になりました。
なにか、行く前の自分と帰ってきてからの自分の価値観のようなものが大きく変わった気がします。
 
ろくに言葉が通じない中、いかにしてコミュニケーションをとり情報を得るか、どうやって自分の意思を伝えるか。
わからないながらも必至に話を聞き取って、必至に考え、伝えるとその気持ちは伝わるものです。
 
気づけば参加した8か国の選手みんなと笑ってました。
 
行く前はかなりビビッてましたが、最後にはまだ帰りたくないとまで思ってしまいました。
 
レース結果のほうですが、こちらもアーチェリーが今までで1番よく当たり、3レースあったなかの1つで金メダルいただいてきちゃいました。
 
しかし単純に走力だけでは特にロシア勢に力の差を見せつけられてしまい、ほかの2レースは惨敗。
みんなイカツいうえにスピードがある。そしてがむしゃら。
 
ここにもライバルがいたことを忘れていました。
 
 
 
中野下高井にも関東にも、ロシアにもヨーロッパにもそれぞれの目的をもって日々トレーニングしている仲間がいる。
なんとも心強いことです。
 
このことを思うと1日たりとも無駄にはできません。
また再び仲間と全力でぶつかり合う日まで1歩1歩着実に。
 
成長できた「気」なのか、「本物」なのか、これから答えを出していきたいと思います。
 
 

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

お帰りなさい。素晴らしい経験をお土産に
金メダルまでゲットして 見事です。
 充実の人生になりますよ、良かったね。
        総監督