2012年8月9日木曜日

ライジング 丸山 さん

昨日の練習(織田フィールド)

●[ 400m × 10 (間200m) ] + 1000m (R 10分)

 66 (52), 71 (52), 70 (53), 71 (52), 71 (54)
 70 (52), 71 (55), 71 (54), 70 (55), 64 (49)

 レスト10分後、 1000m : 2'50"


明らかに違う感覚!
関東支部合練・NDF合宿を通じて、ファミリーとの切磋琢磨と親睦、そして自分自身が心のパワーを養えたことで、ひとりの練習でも追い込みが上手くなった。縦断駅伝へのベクトル、北信選手権上等、県選手権で下剋上! 縦断(長野県下の戦い)への意識がより一層強くなった。競うべき相手を見据えてのレース選び。木島クロカンのような、自己満足を満たす為の小さな戦いは眼中にありません。

今回の2つのイベントでは、決められた練習はキッチリ仲間とこなす。自分の練習にしない。全体練習終了後はプラスαで足りない部分を補う。フリージョグでは、あえて一人でキロ4分切りで走る。余興では何曲も踊らせていただきました(笑)。本気度を行動で示したかったのです。走りとフォームは勿論のこと、ダンスのキレ・体の柔軟さも大きくリンクすること。

みなさんの走りを見て気付いたこと
(1)腕が踊っている (腕振りの推進力が少ない)
(2)上体が骨盤に居座っている 
 (体を押し出せていない、すると足が上がってこない、また腰への負担大)
(3)地面を撫でて走っている (地面への力の伝え方がヘタ、キックも弱くなる)

ほとんどの方が出来ていません。克服には、イメージ力と体の柔軟性がリンクし、動きに現れていくのです。いったん思い出しましょうか、
ひとりEXILEの「Rising マルヤマ Sun」! 笑

                   GUCCI

5 件のコメント:

GUCCI さんのコメント...

「走りの基礎固め」が出来た状態で練習を積めば、楽に成長を感じることができますよ!

2ヶ月しか練習していない私でも、練習だけで既にランナーズ"成長"ハイを満喫してます!

匿名 さんのコメント...

NDF revolution だ。いよいよ来るべき時が来たようです。さあ、NDF劇場 第二幕の開幕です!
総監督

GUCCI さんのコメント...

「NDF revolution~2012~」

去年11位に終わった反省の中に「チーム内の競争意識の欠如」という意見がありました。
未だに温度差はあるような気がします。全員が「エースになる、エース区間を走りたい」、結果選考に漏れ、しょうがねえ繋ぎ区間を走るか、ぐらいの感覚でよいと思います。

もとから「自分は繋ぎだ、上りだ、下りだ」と決めつけてしまっている選手の成長は小さい。取り組み方や意識も振り幅が無くなってきますからね。

キャプテン さんのコメント...

GUCCIのいう事に一理あるな。

個人的には9月23日大町ロードレースを選手選考の最重要レースと位置付けたい。

県内のトップランナーが集まり、本番さながらのこのレースでの結果は、相対的な実力を把握できる。

またこの日にピーキングができないようでは、年に一度の縦断にだって、調子を合わせられるかわからないしね。

GUCCI さんのコメント...

正直、「公言を達成」と全国の選手に揉まれて「度胸試し」しに行こうと、9/23は日体大記録会に出場しようと思っていましたが、大町ロード10マイルもやっぱ外せないなあ。

でも・・・迷う! まずは、北信選手権の結果を見て、どれだけ戦えるのか、その後指針を決定していきます!