2012年8月23日木曜日

臆するな

M川です。

先週末の北信選手権に出られた皆さん、お疲れ様でした。僕は1500mに出場しました。
久しぶりの2R。予選と決勝の間の時間、戦いの中にいる緊張感は心地よかったです。
決勝ではラスト1周の鐘が鳴る前の430m辺りで集団の雰囲気が変わり始めたときに、自分のスピードに不安を覚えました。まだ力が足りてない証拠です。
夜、職場の人達とビデオ見ながら反省会をしましたが、回転数は上がっているのに前に進んでいませんでした。これからの改善点が見つかったのは良かったです。
1500mは駆け引きの楽しみやギアチェンしたときの加速感がたまらなく気持ち良いです。今年はもう機会がありませんので、来年はもっと戦えるようにしたいです。


今週末は千曲ロード(10Km)に出場してきます。課題は北信選手権との繋がりを持たせること、写真のラーメンや1500のラストの様にビビらずに戦うことです。
来週から祭礼の期間になってしまうので、その前のレースは9月後半の試合との比較の為にも全力で挑んできます!


P.S
県縦までのスケジュールにあった大町ロードの取りまとめをしています。大学、一般の方は、参加の可否を石川まで宜しくお願いします。

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

今年のM川先生 心技体、一皮剝けて 各大会、外さないし、士気が高い。緑チャン効果が大きいと思います。
 ラーメン大盛りよりピンボケが頂けない、技術屋なんだから。
          総監督
                          

匿名 さんのコメント...

本人の名誉の為に‥
ピンぼけは映ったメンバーへの配慮かと、映った本人が思っています(笑)
本人のテンションが上がるように、脚の感覚が「行くぞ!」になるように考えて貼ったテーピング。その通りに走ってくれて嬉しかったです。

GUCCI さんのコメント...

1500mは、勝負勘を養う上で、長すぎず短すぎず、ちょうどいい距離ですね!

私はラスト刺し切れず悔しかったです。この経験は、必ず次のレースに生かせることでしょう!